祈り ―幻に長崎を想う刻―

2020年 / 日本 / 110分 / ラビットハウス、Kムーブ 配給

監督松村克弥

出演高島礼子、黒谷友香、田辺誠一、金児憲史、村田雄浩、柄本明、美輪明宏

公式サイトhttps://inori-movie.com/index.html

「神の母・聖母マリア、罪人なる我らのために今も臨終の時も祈りたまえ」
1945年8月9日11時2分、広島に次ぐ二発目の原子力爆弾が長崎市に投下され、人口24万人のうち約7万4千人が一瞬にして命を奪われた。東洋一の大聖堂とうたわれた浦上天主堂も被爆し、外壁の一部を残して崩壊。それから12年の時が過ぎて─ 1957 年、冬の長崎。戦争の爪痕が生々しく残る浦上天主堂跡には、いまでは誰も近寄るものもない瓦礫のなかにひっそりと埋もれるように、聖母マリア像=通称「被爆マリア像」の首と腕が転がっている。 浦上天主堂の保存を巡って議会が紛糾しているなか、被爆のケロイドを持つカトリック信徒の看護婦であり娼婦というふたつの顔を持つ鹿。そして、闇市で詩集を売りながら、自分を犯した男への復讐を誓う忍。二人は戦争の記憶と傷跡を残すため、被爆した浦上天主堂から被爆マリア像の残骸をひそかに盗み集めている。 そして雪の降るクリスマスの日。マリアの首を仲間とともに盗もうとするがそこには思いかけない結末が待っていた。

WEBチケットについて
上映スケジュール
8/28(土)~9/3(金)12:45
9/4(土)~17(金)10:00
9/17(金)で終了
料金
一般1,800円
シニア1,200円
専門・大学生1,000円
中学生・高校生1,000円
小学生以下700円
会員1,000円
★入場システム、サービスデー・その他割引