復活企画 バック・トゥ・ザ・ナナゲイ ~ナナゲイでもう一度観たい映画特集~

ゾンビ 〈日本初公開復元版〉

2019年(オリジナル版:1978年)/アメリカ・イタリア/115分/ザジフィルムズ 配給

監督・脚本ジョージ・A・ロメロ

監修ダリオ・アルジェント

出演デヴィッド・エムゲ、ケン・フォリー、スコット・H・ライニガー、ゲイラン・ロス、トム・サヴィーニ、ヴィッド・クロフォード、ヴィッド・アーリー、リチャード・フランス ほか

公式サイトhttps://www.zombie-40th.com/

ホラー映画の金字塔『ゾンビ』には“幻のバージョン”があった! 日本公開から40周年──「米国劇場公開版」「ダリオ・アルジェント監修版」 「ディレクターズカット版」とも異なる「第4のバージョン」=日本劇場初公開版がついに蘇る! 1979年3月10日、プログレッシブ・ロックバンド“ゴブリン”の強烈なビートとショッキング描写とともに、日本人の前に初めて姿を現わした“ゾンビ”は、凄まじいインパクトを放ち、トラウマ級の映画体験を観客に与えた。  その衝撃から40年──今年2019年は、ホラー映画の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督作『ゾンビ』が日本劇場公開されて40周年となるメモリアル・イヤー。この“日本人とゾンビのファースト・コンタクト”がなければ、今の日本でのゾンビ人気はなかったと言っても過言ではないが、当時上映された「日本劇場初公開版」が、現在ソフトや配信で観られるどのバージョンとも違っていたことを知っているだろうか?  過去に発表された「米国劇場公開版」「ダリオ・アルジェント監修版」「ディレクターズカット版」の3バージョンとは異なり、「日本劇場初公開版」は、配給会社により独自の編集が施されていたのだ。  語り継がれてきた“伝説”を知るには、“伝説”そのものを体験するしかない。  90年代以降は劇場で上映されることがなかったばかりか、過去に一度もソフト化されたことがない、文字通り“幻のバージョン”である「日本初公開版」。今回、海外の権利元との粘り強い交渉により、その復刻・再現の許諾を特別に得ることができた。壮絶なるファースト・コンタクトにして、“伝説”となっていた「第4のバージョン」が、『ゾンビ ─日本初公開復元版─』として、ついにスクリーンに復活する!

上映スケジュール
7/18(土)・20(月)・22(水)・24(金祝)17:00
上映は終了しました
料金
一般1,300円
シニア1,100円
学生1,000円
小学生以下700円
会員1,000円
★入場システム、サービスデー・その他割引

※劇場招待券ご使用不可、サポート鑑賞券はご使用可