復活企画 バック・トゥ・ザ・ナナゲイ ~ナナゲイでもう一度観たい映画特集~

止められるか、俺たちを

2018年/日本/119分/スコーレ 配給

監督白石和彌

出演門脇麦、井浦新、山本浩司、岡部尚、大西信満、タモト清嵐、毎熊克哉、伊島空、外山将平、藤原季節、上川周作、中澤梓佐、満島真之介、渋川清彦、音尾琢真、高岡蒼佑、高良健吾、寺島しのぶ、奥田瑛二

公式サイトhttp://www.tomeore.com/

ここには映画と青春があった でも私はなにをみつけんたんだろう 若松孝二×足立正生×沖島勲×大和屋竺×秋山道男×荒井晴彦×赤塚不二夫×大島渚 映画に魅せられた何者かの卵たち、知られざる異才たちの青春がいま明かされる!! 世界三大映画祭を震撼させた鬼才・若松孝二監督。1963年にピンク映画『甘い罠』でデビューし、65年『壁の中の秘事』がベルリン国際映画祭正式上映作品として出品されると、「国辱映画」としてセンセーショナルな騒動となり、同年、若松プロダクションを創設した。若松プロは『壁の中の秘事』(65)『胎児が密猟する時』(66)『犯された白衣』(67)『処女ゲバゲバ』(69)など若者たちを熱狂させる映画が次々と作っていった。 当時の若松プロには、後に日本赤軍に合流した映画監督・足立正生、「日本昔ばなし」の脚本を手掛けた脚本家、映画監督・沖島勲、若松作品以外にも鈴木清順監督作品などを手掛けた脚本家・大和屋竺、若松プロ脱退後に無印良品のプロデュースなどを手掛け多岐に渡る才能を発揮した秋山道男、雑誌「映画芸術」編集長で脚本家、映画監督・荒井晴彦など、多くの異才たちが集っていた。 また時代の寵児とも言うべき表現者たちも、若松プロの周辺には多く存在していた。のちに映画『愛のコリーダ』(76/大島渚)で若松をプロデューサーに抜擢した映画監督・大島渚や、すでに「おそ松くん」(62)、「天才バカボン」(67)など大人気漫画家として活躍していた赤塚不二夫など、若松孝二の情熱に、多くの表現者たちが化学反応を起こすかのように引寄せられていた。 知られざる異才たちのまっすぐで、バカで、愛おしい青春時代がいま明かされる!

リモート舞台挨拶
※6/6(土)15:45の回は 整理券の配布枚数が定数に達したため、、キャンセルが発生した場合を除き、当日券の販売はありません。
★初日6/6(土)15:45の回上映後
リモート舞台挨拶 予定
登壇予定者:門脇麦さん、井浦新さん、白石和彌監督、井上淳一さん(脚本)
※Zoomによる出演。劇場スクリーンに映写します
〈6/6(土)15:45の回はウェブ上で整理券を配布します〉
  • 当日の劇場混雑緩和のため、リモート舞台挨拶付きの上映回のみ、事前に整理券をウェブ上にて配布します(無料配布/当日精算となります)。
  • 配布期間は【6月4日(木) 12:30 ~ 6月6日 9:00】となります。
  • 整理券を取得された方に優先して、当日、劇場受付にてチケットを販売させていただきます。
  • 整理券の配布枚数が定数に達した場合、整理券をお持ちでない方への当日券の販売はございません。
  • キャンセルが発生した場合は、再度、整理券の受付を再開させていただく場合がございます。

★整理券の取得はこちらから(必ず詳細の説明もご一読下さい)
https://nanagei-seven.stores.jp/items/5ed7578bcee9ea6e3d24b3b0
追加リモート舞台挨拶&オンデマンド配信
【追加リモート舞台挨拶】
★6/12(金)19:00の回上映後
登壇予定者:井浦新さん、大西信満さん、田本清嵐さん、毎熊克哉さん、藤原季節さん、上川周作さん、伊島空さん、白石和彌監督、井上淳一さん(脚本)
※Zoomによる出演。劇場スクリーンに映写します
〈6/12(金)19:00の回はウェブ上で整理券を配布します〉
  • 当日の劇場混雑緩和のため、リモート舞台挨拶付きの上映回のみ、事前に整理券をウェブ上にて配布します(無料配布/当日精算となります)。
  • 配布期間は【6/9(火)12:30 ~ 6/11(木)22:00】となります。
  • 整理券を取得された方に優先して、当日、劇場受付にてチケットを販売させていただきます。
  • 整理券の配布枚数が定数に達した場合、整理券をお持ちでない方への当日券の販売はございません。

★整理券配布期間は終了しましたが、受付にて当日券を販売しております
★整理券の取得はこちらから(必ず詳細の説明もご一読下さい)
https://nanagei-seven.stores.jp/items/5eddbc48cee9ea5b9b7b8721

【初日舞台挨拶のオンデマンド配信】
6/6(土)当館で行われた『止められるか、俺たちを』リモート舞台挨拶の模様をオンデマンドにて有料でご覧いただけるようになりました!
若松プロダクションの皆さんに準備をいただきました。「500円/48時間」ですが、配信の収益は当館に寄付をいただけることになりました!
見逃された方もこの機会に是非。

6月6日第七藝術劇場『止められるか、俺たちを』リモート舞台挨拶 from 若松孝二 on Vimeo.

出演: 門脇麦 井浦新 白石和彌 井上淳一

2020年6月6日第七藝術劇場の復活第一弾企画『止められるか、俺たちを』リモート舞台挨拶の記録映像です。ZOOMを使用した四分割のリモート舞台挨拶の映像で、1画面は劇場のお客様を映しているので隠してあります。
オンラインで行われた舞台挨拶ですので、音や映像が乱れるところがありますがご了承ください。

※この映像の売り上げは経費を除き第七藝術劇場にカンパします。

関連作品上映
★シアターセブンにて日替わり上映【6/6(土)~12金】
白石和彌監督長編デビュー作
『ロストパラダイス・イン・トーキョー』

脚本の井上淳一さん監督作
『戦争と一人の女』
上映スケジュール
6/6(土)15:45
※6/6(土)15:45の回は整理券の配布枚数が定数に達したため、キャンセルが発生した場合を除き、当日券の販売はありません。
6/7(日)~9(火)16:00
6/10(水)~12(金)19:00
★6/12(金)19:00の回はウェブ上で整理券を配布します
料金
一般1,300円
シニア1,100円
学生1,000円
小学生以下700円
会員1,000円
★入場システム、サービスデー・その他割引