月はどっちに出ている

1993年/日本/109分/マンシーズエンターテインメント配給

監督崔洋一

原作梁石日「タクシー狂躁曲」

出演岸谷五朗、ルビー・モレノ、絵沢萠子、小木茂光、遠藤憲一、有薗芳記、麿赤兒、國村隼、芹沢正和、金田明夫、内藤陳、萩原聖人、古尾谷雅人

キネマ旬報100周年特別企画 1990年代日本映画ベストテン第1位 『のど自慢』『パッチギ!』『フラガール』と2000年代の日本映画に新風を吹き込んだ映画会社シネカノンの記念すべき製作第1作目。タクシー運転手で在日コリアンの主人公とフィリピンパブで働く女性との恋模様を軸に、彼らを取り巻くヤクザや在日外国人などの人生を描いた本作は、当時も禁忌とされていた差別用語や危ない表現が満載ゆえに、映倫(映画規定倫理委員会)が劇場公開審査に異例の注文をつけたという逸話を残した。 公開当時のメイン館、新宿ピカデリー2で26週に及ぶ超ロングラン上映に加え、キネマ旬報ベストテンの日本映画第1位獲得、ブルーリボン映画賞での作品賞をはじめ、その年の殆どの映画賞を席捲し高い評価を得た。 梁石日のベストセラー小説「タクシー狂躁曲」を原作に新宿梁山泊、気鋭の劇作家・鄭義信を共同脚本に迎え崔洋一が初めて自身の血の問題を素直に語り、放送禁止用語と差別用語が飛び交う極上のエンターテインメントがに仕上げた。 真面目で軽薄な主人公・忠男に劇団SET出身の岸谷五朗。天性の明るさとたくましさが魅力のフィリピン・パブのホステスにルビー・モレノ。さらに絵沢萠子、有薗芳記、麿赤兒、國村隼、萩原聖人、古尾谷雅人らの個性派が、二人の周囲で軽快な人間模様を繰り広げる。

上映スケジュール
11/9(土)~12(火)18:20
11/13(水)~15(金)11:50
料金
一般1,500円
シニア1,100円
専門・大学生1,200円
中学生・高校生1,000円
小学生以下700円
会員1000円