いのちスケッチ

2019年/日本/100分

監督瀬木直貴

出演佐藤寛太、藤本泉、芹澤興人、須藤蓮、林田麻里、前野朋哉、塩野瑛久、大原梓、今田美桜(友情出演)、風間トオル、高杢禎彦、浅田美代子、渡辺美佐子/武田鉄矢

公式サイトhttp://inochisketch.com/

世界も注目する、小さな町の小さな動物園を舞台にした感動の物語 東京で漫画家を目指し奮闘していた青年・田中亮太(佐藤寛太)。仲間のデビューやバイト先の夜逃げにショックを受け、夢を諦めて故郷の福岡県に帰ってくる。実家に頼れず旧友の部屋に居候する亮太が紹介されたのは、地元の延命動物園でのアルバイト。いつも園内を駆けずり回る多忙な園長の野田(武田鉄矢)に加え、同僚の飼育員には皮肉屋の猿渡(芹沢興人)、コミュニケーションが苦手な中島(須藤蓮)、妊娠中で一時的に事務仕事をする松尾(林田麻里)がおり、何も知らない亮太は面食らうことばかりだ。中でも一番驚いたのは、認知症の祖母・和子(渡辺美佐子)のかつての家に現在住んでいるのが、園で獣医師を務める石井彩(藤本泉)だったこと。アメリカの大学を出て引き抜きの話が絶えない優秀な彩や園のスタッフから、亮太はここが動物の健康と幸せを第一に考える“動物福祉”に力を入れる、世界でも珍しい動物園であることを知り、理解していく。しかし、かねてより市の予算縮小で、園の運営は危機的状況にあった。彩から、園の取り組みを広く伝えるために絵で協力してほしいと頼まれた亮太は躊躇するが、施設に入った和子が再び絵を描き始めたことに触発され、自身ももう一度漫画を描くことを決意する。飼育員たちの根強い努力が実り、園では日本初のライオンの無麻酔採血に成功。感動した亮太もついに漫画を完成させるが、彩との別れの時は刻々と近づいているのだった―。

舞台挨拶
11/17(日)12:25の回上映後 舞台挨拶予定 登壇予定者:瀬木直貴監督
上映スケジュール
11/16(土)~22(金)12:25
11/23(土)~29(金)10:00
11/30(土)~12/6(金)12:20
料金
一般1,800円
シニア1,100円
専門・大学生1,500円
中学生・高校生1,000円
小学生以下700円
会員1000円