<この夏も、戦争を考える>
2019年8月。1945年8月の敗戦よりこの夏で74年が経過しましたが、癒えぬ苦しみを抱えた人々や、未だ知られていない事実を映画は伝えてくれます。
果たして戦争は本当に終わったといえるのでしょうか。
戦争を、そして戦後を描いた作品を厳選し、この夏上映いたします。
【上映作品】
【第七藝術劇場(6階)、シアターセブン(5階)にて上映】
上映スケジュールは→こちら
夏少女(1996年/日本/91分)
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー(2017年/日本/107分)
国家主義の誘惑(2017年/フランス/54分)
沖縄スパイ戦史(2018年/日本/114分)
クワイ河に虹をかけた男(2016年/日本/119分)
野火(2014年/日本/87分/PG12)
【料金】※ 受付、チケット販売はそれぞれ上映館ごとに行います
『夏少女』
『野火』
一般:1,500円
専門・大学生:1,200円
シニア:1,100円
中学・高校生:1,000円
会員料金:1,000円

『米軍が最も恐れた男 その名は、カメジロー』
『国家主義の誘惑』
『沖縄スパイ戦史』
『クワイ河に虹をかけた男』
一般:1,300円
シニア:1,100円
学生:1,000円
会員料金:1,000円

★<この夏も、戦争を考える>上映作品の
会員料金について

※第七藝術劇場・シアターセブン、どちらの会員様も割引適用となります。
※スタンプは各館のみ押印
※劇場招待券も各館のみ使用可
【上映作品詳細】
夏少女
(1996年/日本/91分)
完成から23年の時を経て、念願の劇場初公開
瀬戸内海の美しい風景の中にヒロシマに消えた<夏少女>の思いが見えてくる

監督:森川時久
出演:桃井かおり、間寛平、矢崎朝子、藤岡貴志、影山仁美
作品詳細は→こちら
米軍(アメリカ)が最も恐れた男 その名は、カメジロー
(2017年/日本/107分)
アメリカ占領下の沖縄で米軍に挑んだ男 瀬長亀次郎のドキュメンタリー映画。
なぜ沖縄の人々は声を上げ続けるのか、その原点はカメジローにあった──。

監督:佐古忠彦
→公式サイト
★最新作『米軍(アメリカ)が最も恐れた男 カメジロー 不屈の生涯』
9/7(土)より、第七藝術劇場にて上映決定
詳細は→こちら
沖縄スパイ戦史
(2018年/日本/114分)
戦後70年以上語られなかった陸軍中野学校の「秘密戦」、
明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない――。

少年ゲリラ兵、軍命による強制移住とマラリア地獄、やがて始まるスパイ虐殺……。戦後70年以上語られることのなかった「秘密戦」の数々が一本の線で繋がるとき、明らかになるのは過去の沖縄戦の全貌だけではない。 映画は、まさに今、南西諸島で進められている自衛隊増強とミサイル基地配備、さらに日本軍の残滓を孕んだままの「自衛隊法」や「野外令」「特定秘密保護法」の危険性へと深く斬り込んでいく。
監督:三上智恵、大矢英代
→公式サイト
国家主義の誘惑
Japon, La Tentation Nationaliste
(2017年/フランス/54分)
国益・国家の名の下に秘密裏に決裁、反対意見には耳を貸さず、
新造語を連発し、嘘を通す─
日本社会の“いま”を浮き彫りにした
フランス発ドキュメンタリー
明治維新から今日までに見られる日本人の天皇・憲法・戦争観は歴史的にどのように“熟成” されてきたのか?

監督:渡辺謙一
出演:ピエール=フランソワ・スイリ、バラク・クシュナー、ミカエル・リュッケン、白井聡、山本太郎、山田宏、金平茂紀、宋文洲、喜納昌吉、喜納千代、伊佐真次
→公式サイト
クワイ河に虹をかけた男
(2016年/日本/119分)
“握手できるただひとりの日本人”── 永瀬隆
元陸軍通訳が戦後の人生を捧げた泰緬鉄道への償い

アジア太平洋戦争下、岡山出身の永瀬隆は、当時、タイとビルマを結ぶ泰緬鉄道建設のタイ側の拠点に陸軍通訳として派遣される。多くの連合国軍捕虜やアジア人が動員された建設工事で、彼は強制労働、拷問、伝染病死など悲劇の全容を目の当たりにする。戦後、鉄道建設犠牲者の慰霊と、復員時に日本軍12万人全員にタイ政府が「米と砂糖」を支給してくれた恩義に報いようと、一般人の海外渡航が自由化された1964年から妻の佳子と二人三脚で巡礼を始める。1976年にはクワイ河鉄橋で元捕虜と旧日本軍関係者の和解の再会事業を成功させ、86年にはクワイ河平和基金を創設するなど、「ナガセ」の名は欧米でも知られる存在となる。タイ訪問を135回も続けた彼が目指した“和解”とは──
監督:満田康弘
公式サイト
野火
(2014年/日本/87分/PG12)
第2次大戦末期のフィリピン・レイテ島。
島を彷徨う敗兵は、その地で何を見たのか――。

監督・脚本:塚本晋也
原作:大岡昇平
出演:塚本晋也、リリー・フランキー、中村達也、森優作
作品詳細→こちら(シアターセブン上映情報)
→公式サイト
【上映スケジュール】
8/3(土)〜8/9(金)
8/3(土) 8/4(日) 8/5(月) 8/6(火) 8/7(水) 8/8(木) 8/9(金)
10:00〜
第七藝術劇場
(6階)
夏少女
8/10(土)〜8/16(金)
8/10(土) 8/11(日) 8/12(祝) 8/13(火) 8/14(水) 8/15(木) 8/16(金)
10:00〜
第七藝術劇場
(6階)
夏少女 カメジロー 国家主義 沖縄スパイ カメジロー 沖縄スパイ 国家主義
12:30〜
第七藝術劇場
(6階)
休映 夏少女
14:25〜
シアターセブン
(5階)
休映 野火
8/17(土)〜8/23(金)
8/17(土) 8/18(日) 8/19(月) 8/20(火) 8/21(水) 8/22(木) 8/23(金)
10:40〜
シアターセブン
(5階)
クワイ河 沖縄スパイ カメジロー クワイ河 カメジロー 沖縄スパイ カメジロー