ホフマニアダ ホフマンの物語
ホフマニアダ ホフマンの物語
幻想作家は蛇娘に恋をした。
2018年/ロシア/ロシア語・日本語字幕/72分/リスキット 配給
監督 スタニフラフ・ソコロフ
制作 ソユーズムリトフィルム・アニメーションスタジオ(ロシア)
料金
(当日)
一般 1,800円/専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円
会員料金1,000円 ★ナナゲイ会員新規ご入会随時受付
公式サイト https://hoffmaniada.net
★同時上映『マイリトルゴート』
(2018年/日本/11分)
監督・アニメーション:見里朝希
<上映順>
@『マイリトルゴート』
A『ホフマニアダ ホフマンの物語』
ようこそ! めくるめく幻想の世界 ホフマンの物語へ
 エルンスト・テオドール・アマデウス・ホフマンは今や大成した作家、作曲家であり芸術家です。自分の人生と作品を振り返り、過ぎ去った日々を思い起こします。そして若かりし頃の姿、すなわちドイツの小さな町で若き裁判官見習いとして働き、質素な家の屋根裏部屋を借りて音楽家を目指していた頃に自分を重ねていきます。日中は官庁で退屈な仕事をこなし、仕事の後は近所の居酒屋に足を向けます。そして夜には芸術的な創作活動に熱中するのです。
 官庁の官僚たちは、彼の目には灰色で卑劣なネズミのように映ります。街に住み、食べ過ぎで退屈な、獣のような習性を持った心のない操り人形のように。
目の前に突然開ける空想の世界で、若きエルンストは学生アンゼルムスに変身します。彼は3人の若い女性に翻弄されます。上流階級のヴェロニカ、無口で神秘的なオリンピア、そして美しいヘビ娘のゼルペンティーナです。どの女性もそれぞれにアンゼルムスにとっての理想の姿です。光と闇の力が秘密裏に彼の運命に影響を及ぼそうとする中、若者はすべての障害を乗り越えなくてはなりません。たとえそれが現実世界では不可能でも、少なくとも魔法の国アトランティスでは愛が成就するように。
 アンゼルムスはニワトコの木の下で金緑色のヘビ娘と出会い、ひと目で恋に落ちます。彼女は美しく若い女性、ゼルペンティーナに変身します。彼女は枢密文書官サラマンダー・リントホルストの娘なのです。
 エルンストは市場で年老いた魔女の商品を過って踏み潰してしまい、呪いをかけられます。魔女は「お前はガラス瓶の中でくたばるのだ!」と叫び、彼は度々その奇妙な言葉を思い起こさずにはいられません。
 他にも彼を不安にさせることがあります。少年期に乳母に聞いた砂男の話です。聞き分けのない子の目に砂を投げつけて目玉を取り、それを袋に入れて月の巣まで運ぶというのです。子供時代、エルンストは時折訪ねてきた父親の友人、弁護士コッペリウスが砂男だと考えます。
 エルンストは上流社会の無関心、虚栄心の強い官僚たちの醜さ、偽物の美しさによる策略の罠と日々対峙します。アンゼルムスの純粋さと熱意によって、エルンストは現実社会を切り抜け、アトランティスを見つけ、永遠の物語と登場人物たちを人々に伝えることになります。しかし今はまだ、これらの作品は偉大なロマン主義作家の想像の世界の中にだけ存在するのです。