がんと生きる 言葉の処方箋
がんと生きる 言葉の処方箋
副作用はゼロ!この映画は人生を変える「言葉の処方箋」です。
2018年/日本/90分/がん哲学外来映画製作委員会 配給
© 2018がん哲学外来映画製作委員会
監督 野澤和之
出演 樋野興夫、宗本義則、春日井いつ子、齋藤智恵美、中村航大
料金
(当日)
一般 1,800円/専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円
会員料金1,000円 ★ナナゲイ会員新規ご入会随時受付
公式サイト https://kotobanosyohousen.wixsite.com/website/home
解決は出来なくても、解消は出来る
がん哲学外来から発展してできたのが「がん哲学外来メディカル・カフェ」。全国のカフェで講演を続ける樋野教授。樋野先生の考え方に共鳴してそれぞれにカフェを開設して元気に生きる4人の主人公たち。 乳がんを経験して自分の生きる使命に気づいた女性。大病院でがん哲学外来を実践する外科医。乳がんを体験して地域の人々と悩みを分かち合うシングルマザー。脳腫瘍を体験した高校生は、病の子供たちのために役立ちたいとカフェを運営する。それぞれが、それぞれの立場で言葉の処方箋を投げかけあい、生きる力を作りだしていく。がんに悩む人々が元気になる瞬間、映画空間が明るく人々に語りかける。
舞台挨拶
★6/8(土)12:00の回上映後
登壇予定者:野澤和之監督

★6/12(水)12:00の回上映後
登壇予定者:樋野興夫さん
※当日 本作をご鑑賞の方のみ対象です