国家主義の誘惑
国家主義の誘惑
Japon, La Tentation Nationaliste
天皇 - 憲法 - 沖縄 - 原発 - 自衛隊
彼らをいざなう政治の正体
異色のフランス発ドキュメンタリー
2017年/フランス/54分/きろくびと 配給
©Crescendo Media Films - Kami Productions - ARTE France . 2017
監督 渡辺謙一
出演 ピエール=フランソワ・スイリ、バラク・クシュナー、ミカエル・リュッケン、白井聡、山本太郎、山田宏、金平茂紀、宋文洲、喜納昌吉、喜納千代、伊佐真次
料金
(通常上映)
一般 1,300円/シニア 1,100円
学生 1,000円
会員料金1,000円
会員料金について
上映館…第七藝術劇場(6階)・シアターセブン(5階)
それぞれ各館の会員のみ割引となります。
(ナナゲイ会員はナナゲイでのみ1,000円、セブン会員はセブンでのみ1,000円)
公式サイト http://kiroku-bito.com/nationalism/
国益・国家の名の下に秘密裏に決裁、反対意見には耳を貸さず、
新造語を連発し、嘘を通す─
日本社会の“いま”を浮き彫りにした
フランス発ドキュメンタリー
明治維新から今日までに見られる日本人の天皇・憲法・戦争観は歴史的にどのように“熟成” されてきたのか?
世界にナショナリズムの風が吹き荒れる中、2015年の公開作『天皇と軍隊』(2009年)で話題を呼んだフランス在住の渡辺謙一が、国際関係史・地政学の観点から国内外の論客によるインタビューも交え、日本社会を誘ういざなう政治の正体、日本人にとってのナショナリズムを問いかける。
果たして、取り戻さなければならないものは何なのか。本当に知らなければいけないことは何か。日本社会を俯瞰することで見えてくるものとは――
■上映スケジュール
9/15(土)〜21(金)10:00(〜11:00終)第七藝術劇場(6階)
9/22(土)〜28(金)10:00(〜10:59終)シアターセブン(5階)
9/29(土)休映シアターセブン(5階)
9/30(日)〜10/5(金)14:25(〜15:24終)シアターセブン(5階)
トークショー
■9/1(土) 12:20の回 上映後トークイベント開催  【終了】
登壇者:
 白井 聡さん(京都精華大学人文学部専任講師 <政治学・社会思想>)
 渡辺謙一監督

追加上映&
トークショー
■9/2(日) 17:15の回をシアターセブンBOX1にて追加上映
 上映後トークイベント開催  【終了】
登壇者:
 木戸衛一さん(大阪大学大学院国際公共政策研究科 准教授 <現代ドイツ政治>)
 渡辺謙一監督
チケット販売・受付:第七藝術劇場
上映会場:シアターセブンBOX1(同ビル5階)

★9/1(土) 12:20の回・9/2(日) 17:15の回 トークイベント付きの回のみ特別料金となります
 一般 1,800円/学生・シニア・ナナゲイ会員・障がい者割 1,500円
 ※相互割引や上記以外の割引適用外
※当日 本作をご鑑賞の方のみ対象です