月子
月子
この星は誰のもの?
2017年/日本/122分/スローラーナー、フルモテルモ配給
©2017 株式会社ユマニテ
監督 越川道夫
出演 三浦透子、井之脇海、奥野瑛太、信太昌之、鈴木晋介、杉山ひこひこ、大地泰仁、信川清順、吉岡睦雄、内田周作、礒部泰宏、岡田陽恵、川瀬陽太
料金
(当日)
一般 1,800円/専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円
会員料金1,000円 ★ナナゲイ会員新規ご入会随時受付
公式サイト http://www.humanite.co.jp/tsukiko/
抱きしめるように描き出す、寄る辺ないふたつの魂の旅。
物語は山間の町で始まる。ある日、仕事から帰ったタイチは、唯一の肉親である父が首を吊って死んでいるのを見つける。荒んだ生活を送っていた父。タイチは、狭い町の中で父を殺したのではないかと疑われ、仕事を辞めさせられただけでなく、生き場所を失ってしまう。
その父を、たったひとりで骨≠ノした日、タイチは、施設から逃げ出してきた知的障害の少女・月子と出会う。月子は、どうやら生家に帰ろうとしては、何度も連れ戻されているらしい。背中の傷から、施設でひどい扱いをうけているのではないかと思われた。
タイチは追ってくる施設の職員たちを振り切り、月子を彼女の親元まで送っていくことにした。しかし、分かっているのは彼女の生家が「海の音の聞こえる場所」ということだけ。鳥の声に導かれるように、月子とタイチ、ふたりぼっちの旅が始まる…。