港町
港町
生きて、死ぬ。
死んで、生きる。
2018年/日本・アメリカ/122分/東風・gnome 配給
©Laboratory X, Inc.
監督 想田和弘
料金
(当日)
一般 1,800円/専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円
会員料金1,000円 ★ナナゲイ会員新規ご入会随時受付
公式サイト http://minatomachi-film.com/
泡沫夢幻 空前絶後 ドキュメンタリー映画の臨界点
美しく穏やかな内海。小さな海辺の町に漂う、孤独と優しさ。やがて失われてゆくかもしれない、豊かな土地の文化や共同体のかたち。そこで暮らす人々。静かに語られる彼らの言葉は、町そのもののモノローグにも、ある時代のエピローグにも聞こえる。そして、その瞬間は、不意に訪れる……。
比類なき映画体験。ドキュメンタリーの驚天動地。想田和弘監督観察映画第7弾。
監督は、イタリア、カナダ、中国などでレトロスペクティブが組まれるなど、国内外で高い評価を受ける映画作家・想田和弘。2018年のベルリン国際映画祭への正式招待が早々と決まった本作は、作品を重ねるごとに進化を続ける「観察映画」の新境地であり、同時に、現代映画のひとつの到達点である。しかし、我々は、この映画体験の美しさと比類のなさとを語る言葉を未だもてずにいる。あなたは、どうか?
トークショー
■4/22(日) 12:20の回 上映後トークイベント開催予定
 想田和弘監督
■4/22(日) 19:20の回 上映前 舞台挨拶予定
 想田和弘監督
※当日 本作をご鑑賞の方のみ対象です