ヨコハマメリー
ヨコハマメリー
人生の深みと温かさが、心を揺るがす感動の物語。
あなた知ってる?
”ハマのメリーさん”
2005年/日本/92分/アルゴピクチャーズ 配給
©森日出夫
監督 中村高寛
出演 永登元次郎、五代路子、杉山義法、清水節子、広岡敬一、団鬼六、山崎洋子、大野慶人、福寿祁久雄、松葉好市、森日出夫 他
料金
(当日)
一般・専門・大学生 1,300円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円
会員料金1,000円 ★ナナゲイ会員新規ご入会随時受付
公式サイト http://hitohito.jp/
かつて、ひとりの娼婦がいた
彼女の名前は”ハマのメリー”
歌舞伎役者のように顔を白く塗り、貴族のようなドレスに身を包んだ老婆が、ひっそりと横浜の街角に立っていた。本名も年齢すらも明かさず、戦後50年間、娼婦として生き方を貫いたひとりの女。かつて絶世の美人娼婦として名を馳せた、その気品ある立ち振る舞いは、いつしか横浜の街の風景の一部ともなっていた。“ハマのメリーさん”人々は彼女をそう読んだ。
街から消えた伝説の女(ヒト)
1995年冬、メリーさんが忽然と姿を消した。自分からは何も語ろうとしなかった彼女を置き去りにして、膨らんでいく噂話。いつのまにかメリーさんは都市伝説のヒロインとなっていった。そんなメリーさんを温かく見守り続けていた人達もいた。病に侵され、余命いくばくもないシャンソン歌手・永登元次郎さんもその一人だった。消えてしまったメリーさんとの想い出を語るうちに、元次郎さんはあるひとつの思いを募らせていく。
もう一度、メリーさんに会いたい。そして、彼女の前で歌いたい……。
若き映画人を通して見えてきた「横浜の戦後史」
監督は本作がデビューとなる、若干30歳の中村高寛。メリーさんが街から消え、彼はその影を追うように、様々な人々へのインタビューを始めた。そうして、メリーさんを通して見えてきたものは、市井の普遍的な人の営み、感情、人生の機微であった。撮影開始から5年の歳月をかけ、地元・横浜への親しみが込もった、清々しい感動に溢れる作品を作り上げた。2005年度の湯布院映画祭では、ドキュメンタリーでありながら、多くの観客から喝采を受けた。
舞台挨拶
1/28(日) 
中村高寛監督 舞台挨拶予定
※ 当日本作ご鑑賞の方のみ対象です