キセキの葉書
キセキの葉書
あの実話が待望の映画化!
★マドリード国際映画際 外国映画
 最優秀監督賞 最優秀主演女優賞
2017年/日本/90分/ミューズ・プランニング 配給
©2017「キセキの葉書」製作委員会
監督 ジャッキー・ウー
出演 鈴木紗理奈、八日市屋天満、福富慶士郎、土屋貴子、申芳夫、
雪村いづみ(特別出演)、赤座美代子、亀井賢二
公式サイト http://museplanning.co/movie-kisekinohagaki.html
■12/2(土)から
 シアターセブン(同ビル5階)にて上映決定
 シアターセブンHPは→こちら
阪神淡路大震災から半年。兵庫県西宮市を舞台に、難病の娘と、認知症とうつ病を併発する母に挟まれながらも、度重なる試練を乗り越え、勇敢に生き抜く主人公の実話に基づく感動の物語。
”明日も明後日も生きていてください…”
母への思いを託した葉書は13年間で5000枚にも及んだ
1995年春、兵庫県西宮市。 脳性まひの娘 望美(5歳)を抱え介護に勤しむ美幸(38歳)は、先が見えない暗闇を歩いていた。
仕事に追われる大学助教授の夫 和成(40歳)と、まだ手のかかる小学校低学年の息子 勇希(7歳)。望美の世話をできるのは自分だけと、美幸は介護に、家事に、子育てに、家の中のことを全て背負っていく。しかし、その生活は決してラクではない。次第に追い詰められていった美幸は、長年会っていない大分に住む母 喜子(65歳)に支援を頼む。 「そげな子は、自分で育てられるわきゃないき! こっちはこっちの生活があるんやけん!」 意を決し助けを求めた美幸に対し、母親の言葉は残酷だった。
思えば望美を産んだ時から、母は冷たかった……。
見えないストレスを抱えた美幸は、見た目は元気ながらも不眠と摂食障害に悩む“仮面うつ”を患ってしまう。そんな疲れきった毎日で、美幸は“望美がいなかったら幸せだった”という自分の思いに気付いてしまう。
しかし、次の瞬間、同じ団地に住み、いつも母親のようにしてくれている 大守(83歳)に言われた言葉が美幸の脳裏に浮かんだ。「全ては自分やからね」という言葉が浮かんだ。望美のせいじゃない。全ては自分次第だ。そう思った美幸はもう一度、自分らしい生き方を取り戻すべく、夢だった児童文学者への道を目指し、夜な夜な小説を書きはじめる。しかし、美幸が前向きになり、暗闇から抜け出そうと決めた途端、美幸の前に新たな試練が襲ってくる。
母の喜子が認知症とうつ病を併発してしまったのだ。
舞台挨拶
11/12(日) 12:35の回上映後 舞台挨拶 【終了】
<登壇者>
鈴木紗理奈さん、ジャッキー・ウー監督、脇谷みどりさん(原作)、
八日市屋天満さん(子役)、福富慶士郎さん(子役)
※当日 本作(12:35の回)をご鑑賞の方のみ対象です
■チケット(整理券)販売について
チケットは当日の販売のみとなっており、前日までのご購入・ご予約などは出来ません。
11/12(日)は、あさ9時40分より当日のチケットの販売を開始いたします。
■前売り券について
前売り券をお持ちのお客様も、当日に劇場受付にて整理券とお引き換えが必要となります。
お引き換えは あさ9時40分より開始いたします。
■座席について
座席は全席自由席となっております。
※固定席は96席、それ以降は立ち見となります。
※140枚で満員・受付終了となります。
■チケットの複数枚購入・引換えについて
チケット販売・前売り券とのお引換を”お一人様4枚まで”に制限させていただきます。ご注意下さいませ。
Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2017 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。