マダム・ベー ある脱北ブローカーの告白
MRS.B. A NORTH KOREAN WOMAN
ただ幸せになりたかった──
★2016年モスクワ国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー映画賞
★2016年チューリッヒ国際映画祭 最優秀ドキュメンタリー映画賞
★2016年カンヌ国際映画祭 ACID部門正式出品

2016年/韓国=フランス/72分/ 33BLOCKS配給

ユン・ジェホ
<< クリック
北朝鮮、中国、そして韓国へ
母として妻として貪欲に生き抜こうとする、
名もなき脱北女性の幸せのかたちとは

脱北するつもりじゃなかった──何にも庇護されることのない壮絶な人生の記録。
十年前、家族のため一年間だけの出稼ぎのはずが騙され中国の貧しい農村へ嫁として売り飛ばされた北朝鮮女性B(ベー)。憎むべき中国人の夫と義父母との生活を受け入れ、中国と北朝鮮の家族を養うため脱北ブローカーとなる。北朝鮮に残してきた息子たちの将来を案じた彼女は、息子たちを韓国へ脱北させ、自らも過酷な脱北の旅へと出る。命からがら辿り着いた韓国で、彼女を待ち受ける苦く辛い日々。生死を越えて彼女を追い詰める、母そして女としての葛藤。脱北者Bの人生に、安らぎは、幸せは約束されているのか。

カンヌに衝撃を与え、世界で絶賛されたドキュメンタリー
この名もなき北朝鮮女性B(ベー)の生き様を記録したのは、フランスと韓国を拠点に映画製作し、これまでに5本の中短編映画がカンヌ国際映画祭に出品され、今最も注目される新鋭ユン・ジェホ。大胆で鋭く、ときに美しい映像で、中国と北朝鮮そして韓国に引き裂かれるBの分断の人生を、韓国人である監督自身のアイデンティティへの疑問と闘いながら記録した。分断が分断を呼び、別離が新たな別離を生む皮肉──平凡な幸せを望みながら生き抜く中年女性の予想だにしなかった生き様に、心を根底から揺さぶられる。


Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2017 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。