世界にひとつの金メダル
Jappeloup
「人生を選ぶのはお前だ」 その挑戦に世界が泣いた。
★第37回モントリオール世界映画祭 ワールドコンペティション部門 正式出品
ほか多数

2013年/フランス=カナダ/130分/レスペ 配給
(c) 2013-ACAJOU FILMS-PATHE PRODUCTION-ORANGE STUDIO-TF1 FILMS PRODUCTION-CANEO FILMS-SCOPE PICTURES-CD FILMS JAPPELOUP INC.

クリスチャン・デュゲイ
ギョーム・カネ、マリナ・ハンズ、ダニエル・オートゥイユ ほか
<< クリック
フランスが愛した伝説の選手(ライダー)と、
知られざる名馬から生まれた真実のストーリー

1980年代初頭、フランス。子供のころより父セルジュの指導の下で障害飛越競技(しょうがいひえつきょうぎ)に打ち込んできたピエール・デュラン。彼は大人になり父の期待から逃れるように都市で弁護士の道を歩み始める。だが、幼い日の情熱を諦めることができずキャリアを捨て、再び選手〈ライダー〉を目指すことに。
一方で、誰からも期待されず人間を一切信じない若馬ジャップルー。小柄で気性が荒くて欠点だらけ。だが、この若馬ジャップルーは高い跳躍力と才能を秘めていた。ピエールはジャップルーをパートナーとして走ることを選び、父セルジュとともに鍛錬の日々が始まる──。

ロサンゼルス、ソウル、二つのオリンピックを再現した壮大なクライマックス!

この映画は、夢への再チャレンジと、家族との深い愛情と絆を描いた【人生】が詰まった実話だ。『ザ・ビーチ』『ヴィドック』のギョーム・カネが脚本・主演に挑戦し、自身の馬術経験を活かしたダイナミックな演技で魅了する。監督は『ココ・シャネル』のクリスチャン・デュゲイ。監督自身も馬術競技の元カナダ代表という異色の経歴を持つ。競技ならではの過酷な世界で挑み続ける情熱と再起を描く。製作費35億円を超える超大作は、ロサンゼルス、ソウルと二つのオリンピックを完全再現し、壮大なスペクタクルでクライマックスを熱狂的に盛り上げる。


Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2017 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。