草原の河
お父さんはお祖父ちゃんが嫌いなの?
2015年/中国/98分/ムヴィオラ 配給

ソンタルジャ
ヤンチェン・ラモ、ルンゼン・ドルマ、グル・ツェテン ほか
1,500円 【公開初日前日まで販売】
一般 1,800円/専門・大学生 1,500円
シニア 1,100円/中学・高校生 1,000円/小人 700円
<< クリック
★上海国際映画祭 アジア新人賞 最優秀女優賞(史上最年少)
★ベルリン国際映画祭 Generation部門 正式出品
★レッシーニア映画祭 最優秀作品賞 審査員賞(女優賞)
目を奪われる峻烈な映像と、上海国際映画祭で史上最年少の女優賞に輝いた6歳の少女の眼差し。
みずみずしい感動に満ちた日本初のチベット人監督劇場公開作。

チベット人監督ソンタルジャの美しくも峻烈な映像の力で、2015年ベルリン国際映画祭を皮切りに数々の国際映画祭で賞賛された本作。編集には、中国の名匠ジャ・ジャンクー作品でおなじみのコン・ジンレイが参加。上海国際映画祭では主演の少女を演じるヤンチェン・ラモ(撮影時6歳)がアジア新人賞・主演女優賞を最年少で受賞した。刻々と動く雲の隙間から降りそそぐ光、急に降りだす雨、凍った河を走るバイク、子羊の鳴き声、赤ん坊を授けるという天珠をじっと見つめる娘、生と死の無垢と残酷。みずみずしい感動に満ちた一作が誕生しました。

【STORY】
チベット。空と大地が広がる。厳しい自然の中で牧畜を営む家族。幼い娘は、母が新しい命を授かったと知り、やがて生まれてくる赤ちゃんに母を取られてしまうと心を痛める。その父は、四年前の出来事をきっかけに自分の父親をいまも許せないでいる。娘、その父、そして祖父。家族三代それぞれの心情を河が見つめている。
『草原の河』公開記念「チベット映画傑作選」はこちら→クリック

Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2017 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。