まんが島
来るなら来い! 泳いで来い!
2016年/日本/107分/インターフィルム 配給
(c)2017 守屋文雄

守屋文雄
水澤紳吾、守屋文雄、松浦祐也、宇野祥平 ほか
<< クリック
「世界の誰も知らないところで、世界の誰の役にも立たないこと、やってる……」
『キツツキと雨』『ディアスポリス─DIRTY YELLOW BOYS─』の脚本家、
構想10年、火を噴く初監督作品!!
『キツツキと雨』(沖田修一監督)、『ディアスポリス─DIRTY YELLOW BOYS─』(熊切和嘉監督)など数々の脚本を手がける傍ら、多くの映画に出演して来た鬼才・守屋文雄が放つ、満を持しての長編初監督作品は、トキワ荘を無人島に変貌させたサバイバル版まんが道!藤子不二雄をも思わせるコンビの漫画家を、守屋と共に演じるのは『ぼっちゃん』(大森立嗣監督)で日プロ大賞・新進男優賞を受賞した水澤紳吾。コンビを見守る鬼の編集者に川瀬陽太(『シン・ゴジラ』『ローリング』)、島の漫画家に宇野祥平(『64』『深夜食堂』)、漫画家のタマゴに柳英里紗(『ローリング』『チチを撮りに』)など、近年の日本映画には欠かせないキャストの面々が揃った。
全編を彩るパワフルかつ幻想的な音楽は、打楽器奏者Aki-Ra Sunriseのプレイを実際の洞窟で収録。モノクロからカラーへと必見の展開を見せる劇中漫画は、守屋長年のアイデアを、実際にマンガ家のアシスタントとして活躍する岡田悠が渾身の執筆でマンガ化。逃げ場の無い四十男たちの命賭けの白日夢から、決して目を背けるな!

【STORY】
この島には漫画に命を捧げたベレー帽姿の妖精たちがいるという……
日本のどこか。携帯の電波なんか届いたことのない絶海の孤島。家賃滞納に〆切り放棄。情けない事情で文明を追われた5人の売れないマンガ家たち。待っていたのは、波音を聞きながら大自然の中でマンガに打ち込む、終わりの見えない「青春」の日々。5人の何かに心奪われ、ハンバーガーを手土産に海を渡ってやってくる、マンガ雑誌の編集者。そんなある日、島と文明をつなぐ唯一の船・長平丸が来なくなる!紙が尽き、墨汁が尽き、空腹に喘ぎ、パニックに陥った5人に残されたのは、マンガへの情熱と狂気だけ……!!!

4月22日、23日 舞台挨拶レポートUP!→こちら

Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2017 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。