フェスティバル・エクスプレス
FESTIVAL EXPRESS
2003年/イギリス=オランダ/90分/ザジフィルムズ 配給
(c)2014 Apollo Media Ltd.
under exclusive license to TAMT Co., Ltd. in Japan, All Rights Reserved.

ボブ・スミートン
ジャニス・ジョプリン、ザ・バンド、グレイトフル・デッド ほか
ロックの夢をフィルムに閉じ込めた、幻の8日間

1970年、初夏。
列車は、当時最高のロックスターたちを乗せて、カナダを横断した。ジャニス・ジョプリン、ザ・バンド、ザ・グレイトフル・デッド、バディ・ガイ、フライング・ブリトー・ブラザーズ…。彼らは、この「フェスティバル・エクスプレス」と名付けられた貸し切り列車に乗せられ、トロントから最終目的地のカルガリーまで、行く先々で大規模なコンサートを開きながら、8日間のツアーをおこなった。各地での迫力満点のライブ・パフォーマンスはもちろん、「100万ドルのバカ騒ぎ」(ローリングストーン誌)と評されるように、車内で四六時中にわたり繰り広げられたパーティのなかで、共に歌い、演奏する喜びを、誰にはばかることもなく分かちあう至福の時間が濃密に映し出されている。「CRY BABY」「TELL MAMA」などの躍動感あふれる白熱のライブ・パフォーマンスや、リック・ダンコ(ザ・バンド)、ジェリー・ガルシア(グレイトフル・デッド)とともに、酔っ払いながら、無邪気にセッションを楽しむジャニスの姿は、まさかこの3カ月後に急逝するとは想像すらできないほどに、生き生きと輝いている。
『ジャニス:リトル・ガール・ブルー』には、『フェスティバル・エクスプレス』での未公開映像も収録されている。


Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2017 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。