ねぼけ
生きてて すみません。
★第39回モントリオール世界映画祭 正式出品

2016年/日本/111分
(c)壱岐紀仁/映画「ねぼけ」製作委員会

壱岐紀仁
友部康志、村上真希、入船亭扇遊 ほか
<< クリック
試写会で2,000人が泣いた、衝撃のラスト。
喪失と再生の感動物語

うだつの上がらない落語家の三語郎と、取り戻せない過去に生きる真海の、愛と葛藤を描いた群像劇。
三語郎は酒と女に逃げ、自堕落な日々を送る。恋人の真海は健気に支えるが、想いも虚しくすれ違うばかり。ある日、真海は忽然と姿を消してしまう。三語郎は真海を失って、彼女の愛の深さを思い知り、覚悟を決めて彼女の故郷へ向かう。そして、神話の伝わる海辺で、三語郎は初めて真海の秘められた過去を知ることになるが…

1月21日、1月29日 舞台挨拶レポートUP!→こちら

Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2017 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。