ホドロフスキーの虹泥棒
THE RAINBOW THIEF
人生は、空にかかるあの虹のように。
1990年/イギリス/92分/アーク・フィルムズ 配給
(c) 1990 Rink Anstalt / (c) 1997 Pueblo Film Licensing Ltd

アレハンドロ・ホドロフスキー
ピーター・オトゥール、オマー・シャリーフ、クリストファー・リー ほか
<< クリック
映画史に名を刻む3名優の共演で贈る、アレハンドロ・ホドロフスキー監督
幻の未公開作が26年の時を経て日本初登場!!

独特の映像美と世界観から世界中のファンを虜にするアレハンドロ・ホドロフスキー監督が、アカデミー賞名誉賞受賞ピーター・オトゥール、ゴールデン・グローブ賞主演男優賞受賞オマー・シャリーフ、そしてドラキュラ伯爵役や近年では「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズや「スター・ウォーズ」シリーズへの出演も記憶に新しいクリストファー・リー、彼ら3人を主演に配し、「サンタ・サングレ/聖なる血」に続く長編第6作目として創り上げた「ホドロフスキーの虹泥棒」。ホドロフスキー監督初のメジャー資本大作であったが、1990年当時の劇場公開はイギリス、イタリア、フランス、スペインなどヨーロッパのみに留まり、アメリカや日本においても完全未公開であった本作が、今回ホドロフスキー監督監修による「ディレクターズ・カット版」(92分版・公開当時は87分)にてこの秋、日本初公開となる。

【STORY】
ルドルフ(クリストファー・リー)は飼い犬のダルメシアンにしか興味がない風変わりな大富豪。ある夜、彼の遺産にしか興味のない親族を招いて晩餐会を開いたが、そのさなかルドルフの常連の売春婦達“レインボウ・ガール”が到着する。招待客を差し置いて乱痴気騒ぎをするルドルフだったが、その場で心臓発作になり昏睡状態に陥ってしまう。早くも親族たちは遺産について言い争うが、ルドルフと同じく風変わりな甥のメレアーグラ(ピーター・オトゥール)に全ての遺産が渡ってしまうのではないかと気が気では無かった。親族たちのやり取りを聴いてしまったメレアーグラは愛犬クロノスと共にその場を静かに去ってしまう…。そして5年後、メレアーグラはコソ泥のディマ(オマー・シャリーフ)と地下下水道で暮らしていた。愛犬のクロノスは既に死んでしまっていたが、二人はメレアーグラの叔父ルドルフの死と相続できるであろう遺産を待ちわびて日々を暮らしていたのだが───。


Sorry Japanese Only. Copyright (C) 2002-2017 The Seventh Art Theater. All rights reserved.
第七藝術劇場Webサイトの画像、文章の転載は禁止しております。